クレジット決済での注意点

クレジットカードのショッピング決済枠を使って現金化したい場合は、業者に依頼すればスムーズに行えます。但し手数料の出費は覚悟しなければなりません。具体的には、先ず業者のサイトで現金化の申し込みを行います。そして指示通りに商品を購入するのですが、購入した商品は予定通りネットショップから送られて来ます。一緒に暮らす家族等に、その事情がバレることもないでしょう。届いた商品をすぐにどこかで買い取ってもらえばよいのですが、注意しなければならないことがあります。実はクレジットカードで購入した商品は、支払いがすべて完了するまで、その所有権が店に属しているという事実です。つまり返済するまでは転売はできないのです。もし転売してしまうとクレジットカード会社に対する詐欺を働いたことになるのですが、事実上無視されている現状にあります。 携帯決済現金化の中でもクレジットカードを使って現金化をする場合、携帯電話の契約やクレジットカードの契約をまずは必要です。しかし携帯料金の支払い、クレジットカードの返済に関しては、その支払い能力があるか否かが問われます。ですから携帯の契約もクレジットカードの契約も、一定の支払い能力がないと見做されれば、契約が難しいと考えられます。しかし実際には支払い能力の疑われる主婦、学生でも契約することが可能です。もちろんクレジットカードの契約も可能なのです。例えば主婦であれば配偶者、無職の学生であれば親が審査対象になります。配偶者や親に支払い能力がある場合は、主婦や学生も契約することができます。ところでクレジットカードの仕組みを知らない人もいるので、心当たりのある人は勉強しておきましょう。