換金率は要チェック

クレジットカードを使って現金化することは可能ですが、そもそもクレジットカードとは何でしょうか。クレジットカードとは、商品の購入時の支払いを、口座振替という形の後払いにできるものです。たとえばデパートで食器を買う時、その食器の価格分のキャッシュを持ち合わせていなくても、カードを使えば商品を受け取ることができます。商品の代金は後日、自分の口座から引き落とされます。消費者と店舗との間で締結する、後払いを認めた売買契約と言えるものがクレジットカード決済です。 クレジットカードの現金化を請け負う業者の中には、悪質業者が存在します。悪質業者の中には、利用者にとって過度に不利な規約を定めている場合もあるので、注意が必要です。よくあるのは、換金率をごまかすケースです。ホームページ等に謳っている換金率を信じて利用したものの、実際はそれより低い換金率を適用されたというケースが後を絶ちません。業者の読みの中に、「利用者はあまり利用規約を読まない という推測があるからで、不幸にもその推測は当たっており、多くの客が騙されて不利な条件で契約しているのです。これはクレジットカードの現金化だけでなく、携帯電話の現金化全般においても同様です。そのため、換金率が異常に低いやり取りが発生して客が抗議しても、業者は慣れているためか、利用規約を読んでいない客を責めたてるのです。そうした悪質業者に遭遇しないためにも、とにかく利用規約だけは必ず読むようにしましょう。酷いケースだと、クレジットカードの現金化を途中でやめたいという業者に申し出ても、キャンセルをした場合、キャンセル料が発生すると返答されます。また、換金率も、業者の都合で簡単に変更されることがあります。